1940年 資本金15万円で九州硝子(株)を設立し、門司市(現北九州市)にてガラスびんの製造を始める。
1955年 商号を塚田硝子(株)に変更し、資本金を4千万円に増資する。同一資本系列の第一硝子(株)を設立し東京都板橋区で透明びんの製造を始める。
1958年 第一硝子(株)を合併、商号を第一硝子(株)とし、資本金を2億円とするとともに、本社を東京都板橋区に移し、工場を東京都板橋区、及び門司市に置く。
1959年 企業合理化のため門司工場を閉鎖し、本社工場に生産を集約する。
1968年 透明びん用新1号炉稼働を始める。東京硝子(株)(設立昭和16年)と合併、商号を第一硝子(株)とする。
1969年 透明びん用新2号炉稼働を始める。
1975年 着色びん用3号炉稼働を始める。
1976年 軽量薬用錠剤規格びん(PSびん)を開発・発売する。
1978年 軽量医薬品用注射剤容器(バイアルびん)を開発・発売する。
1985年 新南棟完成(事務所・製品検査)
1986年 茶びん用4号炉稼働を始める。
1987年 軽量PSびん・バイアルびんの全品種についてFDA(アメリカ食品医薬品局)の認定を受ける。
1988年 西棟完成(印刷工場・倉庫)
1999年 ISO9001審査登録する。
2001年 カララントフィーダー稼働。着色びん用3号炉廃止する。
2004年 ISO14001審査登録する。